イタリア満喫ブログ

buonbuon.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

"Crtona"(コルトーナ) その2

思っていたとおり、私は、たちまち、このコルトーナの街が好きになりました。
d0096584_2133347.jpg
豊かな人生に乾杯! 太陽に魅せられて、新しい私が輝き始める。。。という紹介からはじまるダイアン・レイン主演の映画「トスカーナの休日」は、このコルトーナの街が舞台でした。
まだ日本人は、知る人も少ないトスカーナの小さな街です。小高い山の上に位置するこのコルトーナは、中世の石造りの街並みを残して、眼下には広々としたキアーナ渓谷を見下ろす美しい街。別名「神様の住む街」

ホテルに着いて間もなく、私はカメラを持って出掛けます。

d0096584_2141572.jpg
Via Nazionale (ナツィオナーレ通り)
街のメインストリート。。。え?メイン??? ちょっと地味? それがいいんじゃない!!
いつものようにニヤニヤした笑顔の私がてくてく歩いている。なんか一人で歩いている気がしません。
神様がそばで一緒に歩いている感じがしました。

わずか150mほど歩くと。。。

d0096584_21521339.jpg
Piazza Repubblica (レプッブリカ広場)
市庁舎などが建ちならぶ。中世が色濃く残るこの街、この広場。どんな人が住んでいるのかな。。

d0096584_2264428.jpg








・・
・・・
d0096584_2295345.jpg
このように、陽だまりに集まって、語りあっている光景を広場やカフェでよく見かけます。
微笑ましい。。。この人たちも神様に見守られながら暮らしているんだろうな。。。
と、そんなことを思いながら、街の西側まで歩いてきました。

d0096584_22132719.jpg
なんと雲海が広がっていました。
自然の偉大さを感じながら、私はいったい何を想っていたのでしょうか。。。 
心穏やかに静寂を楽しむひととき。。。贅沢な時間を過ごしている自分。なんて幸せな時間。。。
d0096584_2222958.jpg
エトルリア人が残した街。紀元前6世紀。。そして13世紀の石垣がコルトーナの街を守り続けていました。


"Duomo" (ドゥオーモ)
d0096584_22253762.jpg
ガイドブックに紹介されていませんでしたが、せっかくなので中を見学。。。壁画が素晴らしかったです♪
名前をメモしてこなかったのがオバカな私だけど、有名画家の作品もあり、驚きました。


"Museo Diocesano del Capitolino" (教区博物館)
d0096584_2244563.jpg
フラ・アンジェリコの「受胎告知」、シニョレッリの「十字架降架」、ロレンツェティの「キリストの磔刑図」
「受胎告知」は175cm×180cmの大きな作品。品があってとても美しかった。。。心に強く残りました。


"Case medioevali" (中世の家並み)
d0096584_2256956.jpg
d0096584_230585.jpg
2階が木造の梁によって支えられて張り出した古い造り方が特徴です。いまではここコルトーナのこのほんの一部の地域にだけ残っている極めて珍しい建造物です。
扉から誰か(魔女)が出てきたら面白いのにね。。。
なんて、静かな街なの!!
「神様の住む街」とも「静寂の町」とも言われる異名をもつコルトーナ。 
足音もたてずに、そ~っと、そ~っと歩く私。
シャッターを切る音だけが石畳にこぼれ落ちていきました。


つづく

コルトーナについて(イタリア語版) → http://www.cortonaweb.net/
市長が語る我町観光自慢 → http://www.japanitalytravel.com/back/shicyo/2007_04/04.html
by buon-giorno | 2009-11-13 22:57 | '09 春やっぱりイタリア