イタリア満喫ブログ

buonbuon.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:'08 愛するイタリア( 26 )

幸せお料理レッスンと 幸せな時間と 

心の底から幸せをもらっちゃった

お母さんの作るお料理の魅力は、美味しいだけじゃなくて、
家族・家庭全体に幸せをくれるのだということを体感して、
こうあることが人間らしいとつくづく実感した旅でした。

お料理をしている私たちを大人しく待っているロレンツォちゃん♪

d0096584_12314185.jpg


●アーティチョークのパスタ●

d0096584_12173088.jpg
アーティチョークを炒めて生クリームと塩コショウで味を調えたソース。

d0096584_12175668.jpg
きし麺状の手打ちパスタを竹ぐしでクルクルと巻いて作ったパスタ。ソースがよく絡んで美味しいです♪
市販でも同じような生パスタは手に入ります。
手間がかかるので、最近の若いお母さん達は、市販のパスタを使う傾向にあるとか。。。


●なすのオリーブオイル焼きと仔牛肉のソテー●

d0096584_1223949.jpg
美味しいそうな焼き目がつくフライパンで焼いた大きな茄子。
家庭菜園で採れた夏野菜は特に味がいい!

d0096584_12262934.jpg
仔牛のソテーはさっぱりしていて柔らかいです。
松の実や小麦、コーンの和え物を添えて。。。


●トマトサラダと生ハムとチーズ●

d0096584_1234529.jpg
トマトもバジル自家菜園から。。。
生ハムもとても美味しい!!これを食べるとイタリアに住みつきたくなる。。。

d0096584_1235074.jpg
ペコリーノチーズは柔らかくて低脂肪。
普段、いろいろと量を多く食べるからダイエットも考慮している?かな?
っていうか、ペコリーノはイタリア人ならみ~んな大好きだよね。


d0096584_1239949.jpg


テーブルの準備も整って。。。庭で遊ぶみんなを呼ぶ。。。

d0096584_12434045.jpg


毎日、幸せを沢山もらいながら、家族の一員になった気分で過ごさせてもらった。

d0096584_124845.jpg


ひとつひとつの心温まるシーンをカメラに収めて、それを繰り返し繰り返しながめていると
人目も気にせず口元がほころんでしまう。。。

楽しかったな~、うれしかったな~、幸せだな~。。。


名残惜しくて(ウルルン滞在記のように)泣けてきそうだけど
「また、いらっしゃい」といってくださるRitaさんとAntonioさんの笑顔に
私も笑顔で応えた。「ciao, また来年の夏ね!」

d0096584_12545615.jpg


ciao grazie♪  ciao grazie♪  ciao grazie♪
ciao ciao ciao♪

ciao grazie♪  ciao grazie♪  ciao grazie♪
ciao ciao ciao♪



ふ~っ、2008年の夏のイタリア旅行レポートをやっと終えました^^
また、すぐ、イタリアへ行きたくなっちゃった^^♪

ということで。。。

「行ってきま~す!」



次回からは、ロンバルディア州クレーマ。
トスカーナ州フィレンツェ、アレッツォ、コルトーナなど。




「イタリアの田舎暮らし体験」
Ritaさんと一緒にお料理レッスンをして、スローライフを楽しみたい方!!
メールでご連絡ください。
yoshiko-shimoyama@hotmail.co.jp

by buon-giorno | 2009-03-30 13:08 | '08 愛するイタリア

幸せお料理レッスン その2

「2008年 夏 Ritaさんの家庭料理 パート2」

「今日は何を作るの?」
子供みたいにハシャイでRitaさんに駆け寄ります^^♪

おーっと!早速、フードプロセッサーのお目見え!
Ritaさんはこれを上手に使いこなしています。
はじめてRitaさんのお料理レッスンを受講したとき、
私は、この調理器具がとても重宝することを知って、帰国後すぐに買いました。

●ルッコラのスパゲッティ●

d0096584_23524442.jpg
自家菜園無農薬のルッコラ、パルメジャーノ、ペコリーノ、松の実、にんにく、塩。。。
あっという間に「ルッコラのペースト」ができてしまって。。。

d0096584_23573488.jpg
テーブルに出すタイミングを考えてパスタを茹で、
ササッと和えたら「ハイいっちょ上がりぃ!」

d0096584_23585853.jpg
d0096584_23592513.jpg


え~っと、次は。。。
by buon-giorno | 2009-03-29 00:40 | '08 愛するイタリア

幸せお料理レッスン その1

「2008年 夏 Ritaさんの家庭料理」

さぁ、お料理しましょう!!

スローフード、スローライフを送るRitaさんの家庭料理は、家庭で栽培した野菜や果物、
庭で飼育している鶏の卵を使ったりして、時間をかけて作る田舎料理です。
安全な食材で作る料理は、体に良いのでしょう。。。私は、もともと健康だけど、
もっともっと健康で、体の芯から元気を回復していくことを、
この短い滞在期間中にハッキリと実感することができます。

マシュルームのポテト詰め
d0096584_857279.jpg
見たこともないような大きなマシュルーム、傘の裏は真っ黒で、ちょっとびっくり。

d0096584_913970.jpg
茹でたジャガイモ、生卵、チーズ、生ソーセージの中身、塩コショウなどをフードプレセッサーにかけて具を作り、マシュルームに詰めてオーブンで焼く。

ハーブ野菜のオーブン焼き
d0096584_942043.jpg
家庭菜園で収穫したハーブを炒めた具を、ジャガイモでカップを作った中に詰めて、これもマシュルームと一緒にオーブンで焼く。
d0096584_98204.jpg
d0096584_983963.jpg

d0096584_910919.jpg


ペコリーノチーズのパイ包み
d0096584_91299.jpg
ペコリーノチーズとペペロンチーノを粗みじんにする。

d0096584_9152378.jpg
パイ生地にチーズをのせて、上からもう一枚のパイ生地でチーズをはさんで。。。
型を抜いて。。。
d0096584_915457.jpg
トレイに並べて、卵の黄身をちょっと塗って。。。

d0096584_9161470.jpg
オーブンで焼きます。

d0096584_9164020.jpg


たくさんの果物を添えたジェラートサンド
d0096584_9222671.jpg
メロン、スイカ、バナナなどを1㎝角に切って、お砂糖でまぶす。
これだけでも美味しそうなのに。。。
さらに、ジェラートサンドと一緒に。。。
d0096584_925566.jpg


手間をかけて作るお料理は愛情たっぷり。。。
これらのメニューは、帰省しているお嬢さんの好物メニューだとか。。。

作る幸せ、いただく幸せ。。。

そして、何と言っても、いくつになっても母と子。。。親子はいつまでも永遠。。。

家庭の愛まで、私もたっぷりいただいてきました。
お料理も、全部美味しかった。
とても、と~っても幸せなひとときでした♪

d0096584_14492649.jpg
友人家族を連れて帰省していたRitaさんの次女Francesca(左)とご主人たち。



「イタリアの田舎暮らし体験」
Ritaさんと一緒にお料理レッスンをして、スローライフを楽しみたい方!!
メールでご連絡ください。
yoshiko-shimoyama@hotmail.co.jp

by buon-giorno | 2009-03-25 09:26 | '08 愛するイタリア

ウンブリア州に惚れた。。。

2008年7月1日(火) Ritaさん宅のあるウンブリア州

ウンブリア州テルニ県モンテカステリッリ(サンジェミニの近く)
そこがどんなところなのか、ぜ~んぜん知らないで、
2005年、私はひとり、ここで「お料理プチ留学(ホームステイ1週間)」をしました。
「ウンブリア」と聞いてもほとんどの人が、それってどこ?と言いました。
たしかに。。。トスカーナ州、ピエモンテ州やベネト州などは聞いたことがある^^
私だって、行って来るまでは、本当にぜんぜん知らなかったのです^^♪

でも、行ったその瞬間から「こういうところに来たかった」と心の底から思いました。
そして感激して興奮して、いまだにその感動の炎がメラメラと燃え続けているのです。

なんにもない、だれもいない、ただただ静かでゆっくりとした風景に
瞬間にして「ウンブリア」に恋してしまったのでした。

このBlogで何度も同じ風景を紹介しましたが、今回は2008年7月に撮影した写真です。
麦畑が風に揺れると、シャラララ~と静かに穂がすれる音がしました。
麦畑が風に揺れると、お陽さまの香りがしました。
d0096584_2342551.jpg

d0096584_23464071.jpg

d0096584_2347278.jpg

畑に沿って歩いていると小さな花が私の足を止めました。
d0096584_23484885.jpg


d0096584_23514960.jpg


d0096584_23522015.jpg


少し遠くまで歩いて行くと、雑誌に出てくるような家がありました。
そこは。。。時間が止まっているかのように見えました。
d0096584_23545765.jpg

d0096584_23575048.jpg


載せたい写真はもっともっとあるのですが、
それらは写真展でお楽しみいただくことにして。。。
この辺で、急に時間を進めて。。。日が暮れるころをUPします^^♪
こういう時(一日が終わる時)、自然の偉大な営みを実感します。
私の、悲しみも、苦しみも、悩みも。。。。。
この大自然の営みに比べたら、どんなにちっぽけなものかと。。。
そう思うと「なんでこんなことを気にしていたの、大したことじゃ無いじゃない」と思える。
そして、感謝の気持ちが込み上げて、その後は、もう何も言葉も出ません。
d0096584_043448.jpg

d0096584_045583.jpg


私は「ウンブリア」デヴュー以来、ウンブリアが大好きになりました。
もちろんRitaさん、Antonioさんの優しい人柄があってのことだと思います。



ウンブリア州 → http://www.enit.jp/province/umbria.html



掲載の記事及び写真の複写または転載をご遠慮願います
ご協力よろしくお願い申し上げます
写真に関するお問合せ → yoshiko-shimoyama@hotmail.co.jp

by buon-giorno | 2009-03-13 20:57 | '08 愛するイタリア

Ritaさんの家 その2

2008年 6月30日 Ritaさんの家での~んびり

Ritaさんの家は、庭を歩いているだけでも心が和みます♪

たとえば。。。

d0096584_2364494.jpg
家の門柱には「67」というタイルが貼ってあって、
住所の番地にあたる数字なのだけど、こういう日曜大工的なことは
全部、自分たちでやるとか。。。

その作業風景が目に浮かぶような雰囲気に「いい感じ」とうれしくなったり。。。


d0096584_23104874.jpg
アンティーク市で買ってきたお皿なんかを埋め込んだハンドメイド感あふれる外壁。
これは、夏のバカンスで長期滞在する友人が、遊び心で作業したとか。。。


d0096584_23182053.jpg
玄関に飾った「蛙」の花台。。。
日本では「無事帰る」と「蛙」をかけて縁起物として庭に「蛙」の置物を飾ったりするけど、
そんなことをRitaさんが知っているかどうかはわからないのですが、
ユニークな感じで好き。。。

それから、庭にはいろいろなお花が咲いていて、写真を撮るのにも楽しめます♪
d0096584_23253455.jpg

d0096584_23224513.jpg

d0096584_23231335.jpg

d0096584_2326253.jpg

d0096584_23262759.jpg

d0096584_23271213.jpg

d0096584_23273375.jpg

d0096584_2328495.jpg

d0096584_23284551.jpg

d0096584_23291914.jpg

d0096584_23294111.jpg


お花を見てると、その健気にもたくましい、頼もしい、美しい。。。
優しい気持ちになったり、元気をもらったり。。。

時間が過ぎるのを忘れてしまうんですよね^^♪
ゆったりゆるゆるになれて、最高に幸福な気分に浸れるのです。



掲載の記事及び写真の複写または転載をご遠慮願います
ご協力よろしくお願い申し上げます
写真に関するお問合せ → yoshiko-shimoyama@hotmail.co.jp

by buon-giorno | 2009-03-10 23:33 | '08 愛するイタリア

Ritaさんの家 その1

2008年6月29日 ウンブリア州 Ritaさんの家で。。。
d0096584_20455983.jpg

「ただいま~♪」と言いたい気分になっていました。
こんなに青い空と風に揺れる麦畑と。。。
体中のネジがユルユルになりました。


d0096584_20512748.jpg

絶妙な雲のカタチ。母屋の優しくカーブした屋根のカタチ。
青々とした樹木、お手入れの行きとどいた芝生。


d0096584_20564439.jpg

私の滞在中は離れを使わせてもらうことに。。。
母屋には娘さん家族とその友達家族もバカンスの途中で遊びに来ていました。


d0096584_2059529.jpg

マルテはお昼寝の途中。
ん?今年も来たのね、と言わんばかりに体を起こした。


d0096584_212216.jpg

ジョーべは遊んでもらえると思って駆け寄ってくる。


d0096584_2125425.jpg

お母さんのマティルダ。
「あら、いらっしゃい」と言ってくれているよう。。。


d0096584_216038.jpg

台所の小さな窓辺。なんとなく素敵。


d0096584_2155277.jpg

時間がたっぷりあるのでフルートの練習も。。。


2005年の夏、初めてお世話になったこのRitaさんのお宅。
それ以降、毎年、寄せていただいて、本当に幸せ。

風の音、鳥の声、遠くの教会の鐘の音を聞く。

私は、私に大切な時間をプレゼントしています。






掲載の記事及び写真の複写または転載をご遠慮願います
ご協力よろしくお願い申し上げます
写真に関するお問合せ → yoshiko-shimoyama@hotmail.co.jp

by buon-giorno | 2009-03-05 21:09 | '08 愛するイタリア

オルヴィエート旧市街

2008年6月28日(土) オルヴィエート旧市街散策

d0096584_1461869.jpg


日伊相互文化普及協会によるイタリア食文化の研修旅行もいよいよ終盤。
まだまだここに居たいのに、容赦なく時間が過ぎて行きました。

エトルリア、ローマ時代。。。3000年も前からの古い街。
ローマ略奪からこの地に逃れたエトルリア人は穴を掘って地中に生活しました。。。
「お菓子屋さんの秘密地下」のような洞窟を他でもいくつか見学できます。

さてと、旧市街の中心「ドォーモ」を目指して歩く。。。
石畳を歩く。。。歩く。。。歩く。。。
不思議と足が疲れない。。。足裏ツボに効いたりして。。。

d0096584_13264433.jpg


わ~きれ~ぃ♪
手作り陶器「チェラミカ」を売るお店が多いんです。
ここは昔から陶器産業が活発だったそうで、買いたいものがいっぱいありました☆
家族経営の小さな工房。ひとつずつ丁寧に作くる陶器は、図柄と鮮やかな色彩が印象的です。
この図柄・色彩は、800年以上前に作られた「神話の中の動物や自然」が
ベースとなっているそうなの、だからどことなく可愛らしさがあるの。。。
でも~それにしてもすごい色。。。

な~んて、ガイドブックで読んだことを思い出して歩いていると。。。

d0096584_13313646.jpg


きたー! 見えてきたー!!!ドゥオーモ (Duomo)だよー!

1290年着工、その後その建設は3世紀にもわたり続き、
その間、延べ33人の建築家、152人の彫刻家、68人の画家、90人のモザイク師の手が
加えられたそうですよぉ。。。

d0096584_1332558.jpg


堂々とした姿に対して繊細な彫刻とモザイク。
美しい。。。なんと美しい。。。

d0096584_13332720.jpg


ドォーモの姿に見とれていたいところだけど、今日もまた暑い暑い。。。
しばらくドォーモ内で休憩して、目を閉じていました。(寝ていたわけじゃないよ^^)

d0096584_13375449.jpg


みんな、ジェラートを食べながら歩いているね。。。

広場のお土産屋さんやレストラン、ホテル。。。

d0096584_13385292.jpg

今日で研修行程がすべて終了。。。
なごりおしさに胸がキュンとなりました。

語りつくせない思い出の数々。勉強した多くのこと。出会い。。。

今夜の晩餐は、卒業パーティと謝恩会が一緒になったような感動的なひとときと
なりました。

さよなら、みんな、また会おうね。。。

みんなの名前を書きたいけど。。。涙が出ちゃいそうで。。。

また会おうね、また会えるよね。。。

ああ、本当にうまく説明できないな、楽しかったし、嬉しかったし、素晴らしかった。。。


ルッカからオルヴィエートまで、たくさんの方にお世話になって
素晴らしい経験をさせていただきました。

感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。


全行程の協力は → 日伊相互文化普及協会


この後、みなさんとお別れして、私はRitaさんちに行きます。
引き続き「イタリア満喫ブログ」にお付き合い願います♪

つづく。。。



掲載の記事及び写真の複写または転載をご遠慮願います
写真に関するお問合せ → yoshiko-shimoyama@hotmail.co.jp

by buon-giorno | 2009-02-12 13:58 | '08 愛するイタリア

養蜂場「Casa Parrina」

6月28日(土) 「Casa Parrina」を訪ねて

イタリア・スローフード協会推奨の養蜂場「Casa Parrina」家族で営んでいます♪

石を積み重ねたようなお家は、ショップを兼ねた休憩所。
d0096584_13145657.jpg

庭には「ラベンダー」、周りには「ぶどう畑」。。。
d0096584_13171557.jpg

d0096584_1321957.jpg
どこにハッチがいるのかな。。。蜂蜜の香りもしないし。。。
蜂の箱は。。。どこ?

あっ! あった! あそこ~!
d0096584_1322386.jpg
わ~、ちょっと遠めにしか見えないけど、箱の色がかわいい。。。
近くに寄れないのかな? 行っちゃダメ。。。そう。。。

養蜂の作業について説明を聞きながら、作業場の蜜の箱を覗き込んでみる。。。
d0096584_13264862.jpg

どんな味?どんなに美味しいの?元気になる?キレイになる??

早く早くぅ~、蜂蜜テイスティングが楽しみ♪ 

気持ちはもう“はちみつ”のことでい~っぱい!

d0096584_13304822.jpg

d0096584_13283880.jpg
サイドメニューもたくさん用意してくれていました。
チーズと蜂蜜。。。とても美味しい。。。
d0096584_13314771.jpg

d0096584_1332930.jpg


私がお土産に買ったのはヘーゼルナッツペーストの蜂蜜でした。
(ピーナッツクリームみたいなイメージ)
日本に持ち帰ると、美味しくて、あっという間に食べてしまいました。

d0096584_13331639.jpg


アカシア・クリ・黒トリュフ蜂蜜の他には、オリーブオイル、ワイン、石鹸、キャンドルも
売られていました。

それにしても、お天気良すぎ^^ バテバテでした。

明日は、蜂蜜で、元気がでますよ~うに♪


養蜂場 → 「Casa Parrina」

協力 → 「日伊相互文化普及協会」
       日伊相互文化普及協会から、めずらしい「黒トリュフ蜂蜜」が購入できます。
 
      

掲載の記事及び写真の複写または転載をご遠慮願います。
写真に関するお問合せ → yoshiko-shimoyama@hotmail.co.jp

by buon-giorno | 2009-02-03 13:39 | '08 愛するイタリア

ウンブリア州 観光

2008年 6月27日(金) 「SPELLO」 という街へ

オルヴィエートを出発してバスで約2時間、アッシジのとなり街「Spello」(スペッロ)という
ところに来ました。
車の長旅は苦手です。暑さも加わってもうダウン寸前です。
オリーブの木で作った工芸品のお土産屋さんに来たのですが、もう購買意欲ゼロ。。。
私は路地で涼んでいました。
右がお店です。私は水飲み場で水浴びしたい気分でした(ちょっとブル~)
d0096584_0254944.jpg


疲れて帰ると、優しく迎えてくれたのが「Locanda Rosati」
癒されるな~♪ いい夢見ながら、眠りま~す。。。
d0096584_033171.jpg



6月28日(土) 「Cvita di Bagnoregio」 へ

「Locanda Rosati」の朝。。。
d0096584_0384199.jpg


綺麗な花を見て心が清められます♪

d0096584_0394819.jpg

d0096584_0401310.jpg


さぁ~てと、オルヴィエートからチヴィタ行きの小さなバスに乗って。。。
ジャジャ~ン!!

d0096584_044576.jpg


エトルリア時代に丘の上に作られたチヴィタの町は、雨風の浸食で風化し、
観たこともないような風景を造りだしています。

と。。。感動もつかの間。。。
この炎天下。。。私は、橋を渡って行く体力に、自信がありませんでした。

というわけで、みんなが観光してくる間、ピスターチオのジェラートなんぞ、
いっただきま~す♪

「・・・・・」食欲はあるんだね。。。

d0096584_0495191.jpg

そして、40℃近くあるんじゃないかと思うほど、こう暑いと
ついつい、涼しげな、こんなところにもカメラを向けてしまいます。。。

d0096584_052273.jpg


それから、店先の日蔭で「お昼の準備なのよ」と言いながら
ズッキーニの花を下準備するご婦人。
何を作るの?と尋ねると「リゾット」を作るそうですよ。。。

「ご迷惑でなかったら、それ、ご馳走になるわけにはいかないでしょうか?」

な~んて。。。そんな会話が続いたらいいね^^♪

d0096584_0541616.jpg


d0096584_0544522.jpg


この後、養蜂農家を訪ねます。次回もお付き合いお願いしま~す♪


「Locanda Rosati」 → http://www.locandarosati.it/

【協力】日伊相互文化普及協会 
→ http://www.h6.dion.ne.jp/~uc-japan/MainMenu.html
by buon-giorno | 2009-01-29 00:34 | '08 愛するイタリア

“Palazzone”というワイン農家を訪ねて

2008年  6月27日(木)

“Palazzone”というワイン農家を訪ねて。。。
d0096584_12192675.jpg

d0096584_12203866.jpg
美しい建物、凝灰岩(tufo トゥーフォ)からできています。
d0096584_12223857.jpg
中世の建造物を修復して、工場と宿泊施設になっています。

オルヴィエートと言えば白ワイン「オルヴィエート・クラシコ」
早速、ワイン工場内を見学。
d0096584_1224419.jpg

d0096584_12254987.jpg
オルヴィエートのワインは、イタリアワインの原産地統制名称のDOCにも認定されています。
それを現地で試飲できるなんて。。。そう思ったら、オーナーの熱意をもった説明よりも
ワインのお味が気になって気になって^^♪

試飲会。。。
by buon-giorno | 2009-01-23 12:46 | '08 愛するイタリア