イタリア満喫ブログ

buonbuon.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:'01 いざ南イタリアへ( 3 )

レモン薫るシチリアへ

d0096584_13204058.jpg


2001年、7月18日から夏休みの旅行として「南イタリア」へと旅立ちました。

今回のパックツアーは「ホリデー」を利用した11日間の旅です。

成田空港、参加者全員が時間どおりに集合しています。
出発予定のアリタリア空港機は、準備に手間取っていて時間が大幅に遅れるとのこと。。。
添乗員さんが確認作業に急に忙しくしています。
しばらくするとアリタリアは運休になったと確認できました。

私達ツアー客 「?????」

添乗員さん 「みなさん、落着いて聞いてください。
         ただいまアリタリアが運休になりましたが、
         今から1時間後に出発するJALに便を変更しました。
         預けた荷物は責任持って移動させますので、
         みなさんは、まずターミナルを移動します。
         ただし、通常移動経路で動きますと、1時間以上時間がかかってしましい
         JALに乗り遅れてしまいます。
         したがいまして、乗務員の通用口から移動します。
         係りが誘導しますので、見失わないように着いてきてください。
         絶対にグループからはぐれないようお願いします。
         急ぎ足でお願いしま~す!!」

というわけで、私たちは空港の外に出たり、見たことも無いところからエレベーターに
乗り込んだりと、スリル満点な経験をすることになったのでした。
波乱含みのスタートでしたが、なんとか無事に出発。

こんなとき誰よりも頼りになのはツアーを担当してくださいました添乗員さんです。

当時のシチリアはエトナ山の噴火の影響で、ミラノからナポリ、ナポリからパレルモに航路を
困難にして宿泊場所も到着時間も観光予定も第一日目からバッラバラでした。
添乗員さんは、この道10年のキャリアの持主で、こんな困難をも、ツアー客が納得いくように
すべてをパーフェクトに対処していきました。 ブラヴァ!

写真は、噴火活動中の「エトナ山」
シチリアで最も高い山、標高3340m。ヨーロッパ最大の活火山です。
飛行機上空からは噴火の様子も見えました。
by buon-giorno | 2001-07-28 12:54 | '01 いざ南イタリアへ

マヨルカ焼き

2001年7月19日(木) パレルモ、モンレアーレ(Monreale)観光

イタリア産の食器といえばヴェネチアン・グラスやリチャード・ジノリ。。。
他にも明るい色彩で絵付けされた、マヨルカ焼きが挙げられます。
マヨルカ焼きの伝統的な絵柄の動物や植物からは人の温もりや、エネルギーを感じることができます。
マヨルカ焼きは13~14世紀にスペインから輸入されていた陶器ですが、国交の関係でマヨルカ島で積み替えられイタリアへ輸入されていた事から、マヨルカ島で焼かれている陶器と思われ、マヨルカ焼きと呼ばれるようになったと言われているそうです。
その後、16世紀にイタリアでルネッサンス期に新しい形状となって、各地に広がり発展していきました。旅行の記念に買って帰るもよし、お友達にお土産にするのもよいし。。。
d0096584_9565483.jpg


d0096584_9572717.jpg
「写真、撮らせてくださ~い」

「ああ、もちろんいいよ」

そんな会話をして気持ちよく作業のポーズをとるお兄さん。

なにげなく着こなしているレモンの絵柄のTシャツもお兄さんの手書きの作品です。

私はこのお店で、お兄さんの手作りコーヒーカップやお砂糖入れなど、お土産をいくつか購入しました。

そして帰国後、ショップカードに書かれたお店の住所にこの写真を送りました。

ああ、楽しい♪

チャオ~
by buon-giorno | 2001-07-19 09:55 | '01 いざ南イタリアへ

トゥルッリ

2001年7月24日(火) アルベロベッロ(Alberobello)観光

最高のイタリアン日和です。今日は待望のアルベロベッロへやってきました。

おとぎ話にでてくるような石を積み上げて作ったとんがり帽子の家、トゥルッリ。時間が止まってしまったような静かで落着いたかわいらしい街(村)?です。
d0096584_13454280.jpg

トゥルッリは、いまでも中で生活している人々もいますし、お土産屋、レストラン、ホテルなどにも利用されています。
室内は以外に広く、冬は暖かく、夏は涼しい、快適な建物として最近でも買い手が耐えないそうです。
d0096584_13463695.jpg

by buon-giorno | 2001-07-17 13:36 | '01 いざ南イタリアへ